(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆チュニジア
記事タイトル *デモ拡大からイスラム過激派伸長の懸念
本文テキスト  1月7日、物価高騰や高い失業率に抗議する反政府デモで市民の一部が暴徒化し、14日までに800人以上のデモ参加者が拘束された。また10日には、南東部のジェルバ島でシナゴーグやユダヤ人学校に火炎瓶が投げ込まれる事件が発生。この事件とデモの関係は明らかにされていないが、過去にアルカイダ系組織によるシナゴーグを標的としたテロが起こっているため、デモの混乱に乗じたイスラム過激派の伸長が懸念されている。1月14日は2011年の民衆デモによる独裁政権打倒から7周年の記念日であったが、2015年の首都チュニスでのテロ以降、観光客は激減し、経済は低迷している(日経・夕1/15ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center