(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *軍によるイスラム過激派掃討が本格化
本文テキスト  エジプト軍は2月9日から、シナイ半島などで活動を展開するイスラム過激派の掃討作戦の強化に着手し、15日までに戦闘員ら53人を殺害、約680人を拘束した。陸海空軍に警察組織も加えて、「イスラム国(IS)」の系列組織「ISシナイ州」の拠点であるシナイ半島やリビアとの国境地帯などを攻撃し、シナイ半島では100回以上の空爆を行った。今回の大規模な掃討作戦の背景には、3月に行われる大統領選で再選を目指すシシ大統領が治安対策でのアピールを行う狙いがあるとみられる。近年過激派は軍や警察、コプト教徒らを標的としたテロを繰り返しており、2017年11月にはシナイ半島アリーシュでイスラム教神秘主義のスーフィズムのモスクを狙った過去最悪規模のテロが発生するなど、治安改善の兆しはみられていない(毎日・夕2/19ほか)。
→『ラーク便り』77号50頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center