(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラン
記事タイトル *「脱ヒジャブ運動」で女性30人逮捕
本文テキスト  頭髪を覆う「ヒジャブ」を着用しなかった嫌疑で、2月上旬までに約30人の女性が相次いでテヘラン警察に逮捕された。テヘラン中心部で31歳の女性がヒジャブを脱いで棒の先に吊るす写真が2017年12月に公開されたことを発端として、女性たちがヒジャブを脱いで外出する写真をSNSに投稿する動きが拡大した。年末年始に発生した反政府デモの時期と重なっていたことも拡大の原因の1つとみられる。シーア派指導者による厳格なイスラム教に基づく統治が続くイランでは、法律によって公衆の面前での女性のヒジャブ着用が義務付けられており、風紀警察が取り締まりを行うが、近年ヒジャブ着用の強制を「女性抑圧の象徴」として抗議する風潮が強まっている(毎日・夕2/14ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center