(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *ペンス米副大統領が「嘆きの壁」訪問
本文テキスト  中東を歴訪中のペンス米副大統領は1月22日にイスラエル国会で行った演説の中で、テルアビブにある米国大使館のエルサレムへの移転を2019年末までに行うと表明した。2017年12月にトランプ米大統領が宣言したエルサレムの「首都認定」を追認する形となった。翌23日にペンス氏はホロコースト記念館を訪問した後、エルサレム旧市街に位置するユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪問し、キッパー(ユダヤ教徒の男性が被る丸い帽子)を着用して壁に手を当てて祈った。2017年5月にはトランプ米大統領も現職として初めて同地を訪れており、ペンス氏は大統領の支持基盤であるキリスト教保守派に属する親イスラエルの人物として知られる(朝日1/24ほか)。2月23日には、予定を前倒ししてイスラエル建国70周年にあたる5月14日に大使館を移転すると米国務省が発表した(東京・夕2/24)。
→『ラーク便り』75号49頁77号小特集(2)
→アメリカ参照
Copyright(c) Religious Information Research Center