(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆ミャンマー
記事タイトル *民族行事をきっかけに仏教系少数民族の不満爆発
本文テキスト  1月16日、ラカイン州の古都ミャウーで、仏教系少数民族ラカイン族(18世紀にビルマ族王朝の手によって王国は滅亡)の住民と警察隊が、王国の追悼行事の開催をめぐって衝突し、9人の住民が死亡した。同州では多数派を成すラカイン族だが、同じくラカイン州に暮らすイスラム系少数派ロヒンギャとの対立を助長する懸念から、州政府は行事開催を認めていなかった。ミャンマーでは約70年にわたって政府と少数民族武装勢力の間で内戦が続いており、およそ20ある武装勢力のうち、政府と停戦協定を結んでいるのはその半数以下。2016年にはキリスト教徒が大多数を占めるチン族の出身者が副大統領として入閣するなど、部分的に宗教間協力は進んでいるものの、就職や行政手続きなどでの差別待遇に対する少数民族グループの不満は依然としてなくなっていない(日経1/18ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center