(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆ミャンマー
記事タイトル *日本の外相、ロヒンギャ難民帰還支援に向けて視察
本文テキスト  1月13日、河野太郎外務大臣は、西部ラカイン州の都市マウンドーを訪問し、ミャンマー国軍による武装勢力掃討作戦で荒廃したイスラム系少数派ロヒンギャの村などを視察した。日本の外務省によれば、2017年8月に国軍とロヒンギャの武装勢力が衝突して以来、外国の閣僚が紛争の現場に足を運ぶのは初めて。村の再建の様子を見学した河野外相は、住民から事情を聞くとともに、隣国バングラデシュとの国境付近も訪れた。迫害を逃れて同国で難民生活を送る約65万人のロヒンギャ住民について、16日には、ミャンマー・バングラデシュ両政府が帰還事業の開始と2年以内の事業終了を決定。河野外相は日本政府が事業を促進するための支援金を拠出することを表明した(読売1/14ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center