(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆マレーシア
記事タイトル *華人への年賀広告で文化の違い鮮明に
本文テキスト  2月15日付で政府が国内の華字新聞各紙に載せた広告が物議を醸している。広告は中国の春節(旧正月)を祝う目的で作成されたもので、2017年の干支「酉」のニワトリが、2018年の「戌」のように「旺(ワン)!旺(ワン)!」(「旺」には中国語で繁栄の意味もある)と鳴いている図柄。華人団体からの抗議に対し、政府は技術的な間違いだと釈明しているものの、イスラム教社会で犬が不浄とされてきたことから、図柄の組み換えは意図的だったのではないかという指摘もある。この他にもマレーシアでは、犬を連想させる料理名「ホット・ドッグ」の使用などに関して論争が起こっている(日経2/16ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center