(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆台湾
記事タイトル *八田与一像を破壊した元市議に懲役5ヶ月判決
本文テキスト  台南地方法院(地裁)は3月8日までに、2017年4月に台南市の烏山頭(ウサントウ)ダムにある日台友好の象徴的存在として慕われる日本人技師八田与一の銅像の頭部を切り落とした元台北市議の男に器物損壊罪で懲役5ヶ月、共犯の女に懲役4ヶ月の有罪判決を下したと中央通信社が報じた。1月23日付の判決は、八田像を「歴史的価値のある物品」とし、損壊の様子をネットで公開するなどした男らの行為は「非難に値する」とした(産経3/9ほか)。
→『ラーク便り』75号44頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center