(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国
記事タイトル *大邱(テグ)地下鉄火災の追悼式
本文テキスト  大邱都市鉄道公社で2月18日、遺族でつくる「2・18安全文化財団」(2016年設立)の主催による追悼式が営まれた。事故から15年の節目を迎え、各地で安全を訴える行事が行われた。2003年同日に大邱市営地下鉄の車内で50代男性が焼身自殺を図ったことが原因の火災で192人が死亡、150人近い負傷者を出す大惨事となった。火災現場となった中央路駅構内にある「記憶の空間」には、当時の燃えた柱がそのまま保存されていて、犠牲者の名前が彫られたプレートなどが展示されている。また、「市民追慕の壁」には、「忘れません」「安心、安全な大邱市を」などのメッセージが寄せ書きされている。さらに、大邱中心部から車で50分の場所にある「大邱市民安全テーマパーク」(広さ約3万?)には、火災車両がそのまま展示され、この未曾有の体験を記憶し学ぶことができるようになっている(赤旗2/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center