(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国
記事タイトル *「摂理」の鄭明析(チョンミョンソク)教祖が満期出所
本文テキスト  2月18日、摂理(キリスト教福音宣教会)の創設者・鄭明析氏(72)が10年間の服役を終えて大田(テジョン)刑務所から満期出所した。鄭氏は1999年に信者の女性を拉致、監禁したことが明らかになり、2007年に北京で拘束された。2009年に女性信者への強姦および準強姦罪で懲役10年の実刑判決を受けた。出所後の鄭氏には、信者への人権侵害を防ぐために、最高裁から7年間GPS内蔵の電子足輪を着ける命令が下された。教団は冤罪を強く主張し、イエス・キリストの磔刑になぞらえて宗教的に意味づけているという。韓国では摂理の問題が大きく報道され、約10万人いた信者は4万人まで減少、日本国内には4千人の信者がいるとみられる。摂理の韓国での正式名称は「キリスト教福音宣教会(CGM=Christian Gospel Mission)」であるが、一般にはJMS(Jesus Morning Star)として知られている(中外2/23ほか)。
→『ラーク便り』42号27頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center