(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年10月-12月
号数 77
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *カトリック教会とルーテル教会が初の共同行事
本文テキスト  宗教改革の開始から2017年で500年を迎えることを記念し、日本カトリック司教協議会とプロテスタントの日本福音ルーテル教会は11月23日、長崎市のカトリック浦上教会で合同礼拝を行った。国内でカトリック教会とルーテル教会が共同主催行事を行うのは初めて。カトリック信者が多数弾圧された「浦上四番崩れ」から2017年で150年を迎えることもあり、キリシタン弾圧や原爆投下などの歴史を持つ長崎で開催することにしたという。
 世界的に見れば、1967年以降50年間にわたって対話を続けてきたカトリック教会とルーテル教会は、2013年に共同文書「争いから交わりへ」を発表。日本でも2013年頃から平和と連帯を発信するべく記念行事を計画し、今回の合同礼拝開催に至った。合同礼拝には全国から信者ら約1,200人が集まり、信者からは「長年の対立を乗り越えて和解している姿を被爆地から発信し、世界に平和を訴えたい」との声も聞かれた(読売・福岡・夕11/21、長崎・長崎11/24ほか)。
→『ラーク便り』59号40頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center