(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年10月-12月
号数 77
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *キリシタン関連施設の開館相次ぐ
本文テキスト  キリシタン関連の施設が相次いで開設されている。大分県竹田市は10月28日、同市のキリシタン文化の発信拠点として市内に「竹田キリシタン研究所・資料館」をオープンした。隠れキリシタンが礼拝したマリア観音や聖杯・燭台などのキリシタン遺物、イコン画を展示するほか、市内の観光スポットの案内業務も担う。同市とNPO法人がクラウドファンディングで資金を募り、市の予算と合わせて整備費用とした。11月末までの1ヶ月間に約2,600人が来館した(読売・大分12/12ほか)。
 また長崎県の平戸市議会でも12月15日、世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産に含まれる「春日集落」の拠点施設を設置する条例案が可決された。2018年1月中旬に開館し、潜伏キリシタンに関する専門書や散策マップを完備する予定だという(長崎・長崎12/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center