(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年10月-12月
号数 77
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *神戸「世界一のクリスマスツリー」に抗議相次ぐ
本文テキスト  神戸港開港150年記念の関連事業で、神戸市のメリケンパークに阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂を目的として「世界一のクリスマスツリー」と銘打ったアスナロの木を飾るイベントに批判が集まり、主催者側は釈明に追われた。木は富山県氷見市の山中に生えていた樹齢150年のもので、高さ約30m。主催者側や賛同者らは「山火事で唯一、生き残った神聖な木」ともとれる触れ込みをしていた。
 当初、イベントは市民による応援団が結成されるなど歓迎されたが、撤去後に木の一部を記念品として売り出すことなどが判明すると「木がかわいそう」「営利目的では」などの批判がインターネット上で相次ぎ、木の生命を愚弄しているなどとして中止を求める署名活動が行われた。企画者側は11月30日、記念品の販売休止を発表し、営利目的という指摘を否定。木の一部は神戸市の生田神社の鳥居として奉納すると説明した。また、ツリーに使われた木は「年間何千本という富山県の森林組合が出荷している一本」であるとし、神聖で貴重な木であることを否定した(神戸・神戸12/1、東京・東京12/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center