(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年10月-12月
号数 77
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *「孤立死」初の広域調査、1万7千人超
本文テキスト  読売新聞が全国47都道府県警と東京都監察医務院に行った取材で、2016年の1年間に「孤立死」した人が、19道県と東京23区で約1万7千人に上ることがわかった。これまで「孤立死」に関する統計は民間の研究機関による推計値や特定の自治体だけの数値しかなく、公的機関が把握する実数が一定規模で判明するのは初とみられる。なお「孤立死」という言葉に法的な定義はないが、今回の調査では「自宅で死亡し、警察が検視などで関与した独居者(他殺、自殺を除く)」と定義している。
 19道県と東京23区での死亡者数全体に占める「孤立死」した人の割合は3.49%で、最も高い東京23区で5.58%、最も低い佐賀県では2.12%だった。東京23区で「孤立死」した人の傾向について、同院のデータによれば、性別では男性が7割を占め、最も多かった年代は男性が65〜69歳(約19%)、女性は85歳以上(約29%)だった(読売・東京10/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center