(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年10月-12月
号数 77
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *安息日の工事に抗議、保健相辞任
本文テキスト  リッツマン保健相は11月26日、ユダヤ教の安息日に国営鉄道の保守整備工事が実施されたことへの抗議として辞任した。同氏は戒律の厳格な遵守を重視するユダヤ教超正統派の政党「ユダヤ教連合」の党首で、「ユダヤ人にとって深刻な問題で、大臣として責任を負えない」と話した。ユダヤ教の安息日には原則として労働は禁止されるが、必要不可欠な一部の労働は例外として法的に許可されている。今回の鉄道工事は、平日の乗客輸送に支障を来たさないために安息日に行われたもの。同日ネタニヤフ首相は、「安息日は我々にとって重要だし、安全で継続的な輸送の確保も全ての市民に必要なことだ」と語った(朝日・夕11/27ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center