(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年10月-12月
号数 77
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞 
記事タイトル *「浦上四番崩れ」から150年
本文テキスト  キリシタン弾圧の「浦上四番崩れ」(1867年)の開始から150年。カトリックの名古屋教区殉教者顕彰委員会(委員長・浅井太郎神父)は9月10日に石川県金沢市の長崎殉教者之碑で殉教者祭ミサを行った。浅井神父は、「弱い私たちも、悪魔の誘惑に負けて日々“転んでしまう”が、痛悔し、悔い改め、キリストを「主(あるじ)として生きる信仰を継続していこう」と呼び掛けた。なお、エピソードとして金沢名物のドジョウのかば焼きは富山県高岡市に住み着いた「四番崩れ」の信徒が始めたとの伝承があるという記事も併載(カ1日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center