(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年10月-12月
号数 77
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞 
記事タイトル *『聖書 新改訳2017』刊行
本文テキスト  福音主義の<原典に忠実で「原文が透けて見える」翻訳>の『聖書 新改訳2017』が、47年ぶりに全面大改訂を経て発刊され、10月11日に東京のお茶の水クリスチャン・センターで発表会が行われた。翻訳編集委員長の津村俊夫氏は次のように語った。「カトリック、プロテスタント、様々な神学的立場を含めて共同で訳そうとすると教義の違いからどうしても妥協が出てくる。意味を優先して原文を修正することも起きる。私たちは神の言葉は誤りがないという立場をとる福音主義として、信仰を同じくし、まとまりやすい」。同書は句読点を含めて9割以上を変更し、少数だが構文を変えたところもある。発行はいのちのことば社。なお『聖書 聖書協会共同訳』は2018年刊行予定(ク22日、ク29日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center