(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年10月-12月
号数 77
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞 
記事タイトル *宗教改革500年記念で多彩な催し
本文テキスト  10月31日の宗教改革500年の記念日に向け、多彩な取り組みがなされてきた。いくつかを紹介する。日本聖書協会は9月に記念ウィーク「宗教改革が問いかけるもの」を東京で開き、ルター訳聖書の展示やモンゴルとキューバのための聖書支援、講演会などを行った。9月18日にはハンス=マルティン・バルト氏(独マールブルク大学名誉教授)を招いて記念講演会「現代世界における宗教改革の意義」を開いた(キ11日付、ク29日付)。アルゼンチンのリバイバリスト、カルロス・アナコンディア氏を招いての大会「宗教改革500周年 聖書に立ち 聖霊に生きる」(同実行委主催)が9月15〜18日に東京の中野ゼロホールで開かれ、同氏が「神様と和解したい、人生をやり直したい人は前へ」と招くと、多くの人々が講壇の前に出た(ク8日付、29日付。ク29日付にキリスト教史学会の公開討論「カトリックとプロテスタントが共存する今」など、2頁にわたり各種の催事を特集。ク11月26日付に日本福音主義神学会第15回全国研究会議の記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center