(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年7月-9月
号数 76
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神職保護司会が総会
本文テキスト  全国神職保護司会の第28回総会が6月5日に長崎県雲仙市で開かれ63人が出席した。神社本庁総長代理として出席した来賓の瀬尾芳也・教化広報部長は、少年法の適用年齢が20歳未満から18歳未満に引き下げられる議論が進んでおり、「再犯防止のために保護司の貢献度がますます高まっていく」と述べた。また金田勝年法務大臣からの祝電が披露された(3日付。なお同日付1面トップは法務省が主唱する「社会を明るくする運動」の7月の強調月間についての記事が掲載され、神職の保護司と教誨師について言及)。
Copyright(c) Religious Information Research Center