(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年7月-9月
号数 76
媒体 国内
大分類 【6. 政治と宗教】
小分類(国名等) ◆改正組織犯罪処罰法=「共謀罪」法関連
記事タイトル *イスラム教徒が共謀罪に懸念表明
本文テキスト  7月11日、「共謀罪」法が施行されたことに対し、イスラム教徒の男性が疑問の声を上げた。男性はアフリカ出身の東京都内在住者で、2010年、警察の捜査情報がネット上に流出した際、本人が知らない間に警察に監視されていたことが明らかになった人物。流出した捜査情報には、男性を含むイスラム教徒複数名の家族の名前や住所、電話番号、生年月日、知人への聴取内容、渡航歴、出入りしているモスクなどが記されていた。当時、男性らはプライバシーが侵害されたとして都と国を提訴。2016年、都に賠償を命じる高裁判決が確定したが、情報収集自体については国際テロの危険を踏まえやむを得ないとされた。男性の代理人である弁護士は「警察が勝手にやってきたことに、共謀罪がお墨付きを与える」「これまで国内のイスラム教徒は、主要国首脳会議(サミット)が近づくと、警察に目を付けられるからと外出を控えようとした。共謀罪法の施行でこうした萎縮の動きはさらに広がるだろう」と述べる(東京・東京7/11)。
Copyright(c) Religious Information Research Center