(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年7月-9月
号数 76
媒体 国内
大分類 【5. 新宗教】
小分類(国名等) ◆天理教
記事タイトル *幹部を装い1億2千万円詐取
本文テキスト  天理教の幹部であると偽り不動産取引を持ち掛け、さいたま市の建設会社社長から4千万円を騙し取ったとして、7月28日、埼玉県警は元天理市議と不動産会社役員の2名を逮捕したと発表した。さらに翌月16日、同県警は8千万円の詐欺容疑で両名を再逮捕したことを発表した。元天理市議は、「天理教に売却する不動産の購入資金を出してほしい」と持ち掛けて金銭を騙し取った疑いが持たれており、その際に「中山」姓の偽名を使用して天理教真柱の親戚筋を騙る手口を用いたとされる。天理教によれば、同氏は元信者であるが、1992年に除名処分を受けている。また、同氏は2001年、自身が次の真柱になるなどと騙る詐欺容疑で、大阪府警に逮捕されていた(朝日・静岡7/29、朝日・埼玉8/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center