(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年7月-9月
号数 76
媒体 国内
大分類 【4. キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *「浦上四番崩れ」から150年
本文テキスト  多くのキリシタンが暮らしていた長崎市北部の浦上地区で、7月16日、「浦上四番崩れ」から150年の記念祭が行われた。「浦上四番崩れ」は日本最後のキリシタン弾圧事件とされ、1867年7月から1873年に禁教令が解かれるまで続いた。この期間に浦上地区の信徒は棄教を迫られ、約3,400人が流罪、うち600人以上が殉教したといわれている。同記念祭では、当時の信徒らが流罪から帰郷までを「旅」になぞらえていたことにちなみ、市内のカトリック信徒ら約300人が列をなし、祈りを唱えながらカトリック浦上教会(長崎市)まで40分かけて歩いた。同教会に到着した後には記念ミサが行われ、約900人が参列した(朝日・北九州7/17ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center