(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年7月-9月
号数 76
媒体 国内
大分類 【3. 習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *御嶽噴火から3年、慰霊碑除幕
本文テキスト  死者58人、行方不明者5人を出した2014年の御嶽山の噴火から9月27日で3年を迎えた。山麓の松原スポーツ公園(長野県王滝村)では同日、慰霊碑の除幕式と追悼式が営まれ、遺族ら約220人が参列した。高さ約3mの慰霊碑には「鎮魂」の文字が、隣に立つ芳名碑には死者・行方不明者の名が刻まれている。同村や隣接する木曽町などでつくる慰霊碑建立実行委員会が寄付金など約1千万円をかけて建立した(毎日・東京・夕9/27ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center