(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年7月-9月
号数 76
媒体 国内
大分類 【3. 習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *「集団自決」の壕が荒らされる
本文テキスト  1945年4月の沖縄戦で住民83人が「集団自決」(強制集団死)に追い込まれた沖縄県読谷(よみたん)村の自然壕「チビチリガマ」で、遺品が壊されたり、平和学習で訪れた生徒たちが作った千羽鶴が引きちぎられたりしているのが9月12日、見つかった(琉球新報・那覇9/13ほか)。15日、県警嘉手納署は器物損壊容疑で沖縄本島に住む少年4人を逮捕。いずれも損壊行為を認めており、少年らの一部は「心霊スポットに行こうと思った」「肝試しだった」などと供述しているという(朝日・東京・夕9/16ほか)。遺骨も多く残るチビチリガマは遺族にとって「墓と同じ」であるといい、遺族からは怒りや悲しみの声が聞かれた(毎日・東京9/13ほか)。この件を受けて、専門家からは死に対する畏れの欠如や戦跡の意義の薄れを指摘する声が上がった(毎日・北九州・夕9/16、琉球新報・那覇9/17ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center