(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年7月-9月
号数 76
媒体 国内
大分類 【3. 習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *ビル型納骨堂建設計画、住民らが提訴
本文テキスト  大阪市淀川区の住宅街に建設予定のビル型納骨堂をめぐって、周辺住民らが8月25日、市の経営許可処分取り消しを求めて提訴した。訴状などによれば、納骨堂建設を予定しているのは大阪府門真市の宗教法人「宝蔵寺」。建設予定の納骨堂は6階建ての「搬送式納骨堂」で、約6千の遺骨を収納できるという。同市は納骨堂の経営に関して、付近の生活環境を著しく損なう恐れがなければ経営できるという規定を設けているが、住民は同寺の運営実態に疑問があるとして「周辺住民の理解を得ておらず、生活環境を著しく損なう」と主張。市側はコメントしていない。
 利便性の良いビル型納骨堂は都市部で増加しているが、東京都調布市や滋賀県大津市、千葉県浦安市などでも設置をめぐって周辺住民らが反対するケースが複数見られ、建設規制を強化する自治体もある(産経・大阪・夕8/25、読売・大阪・夕ほか)。
→『ラーク便り』67号31頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center