(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年7月-9月
号数 76
媒体 国内
大分類 【3. 習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *「改葬」が急増、トラブルも
本文テキスト  遠方にある先祖の墓を自宅近くに移す「改葬」が急増している。厚生労働省によれば2015年度の改葬の届け出件数は9万1,567件で、前年度と比べ約8千件増加した。地方出身の団塊世代が実家の墓を移動させる事例が増えているといい、改葬関連の手続きを代行する会社も登場している。
 改葬の増加に伴い、トラブルも発生している。改葬するには自治体に「改葬許可申請書」を提出せねばならず、これには墓の管理者の署名捺印が必要となる。墓の管理者が寺院である場合、檀家が抜けて布施収入が減ることを危惧する寺院側から「離檀料」などとして布施を求められる場合がある。法外な布施を要求され、国民生活センターや法律の専門家に相談する事例もあるという(産経・東京8/16ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center