(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年7月-9月
号数 76
媒体 国内
大分類 【3. 習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *ふるさと納税の返礼に墓掃除や墓見守り
本文テキスト  北海道では少子高齢化や人口流出などで墓の維持管理に悩む人が増えたことを背景に、ふるさと納税の返礼品として墓地清掃の代行サービスを設ける自治体が増えている。道内では2015年度には2自治体しかこのサービスを導入していなかったが、2017年には少なくとも12自治体と急増。墓の清掃や献花、焼香などを行い、寄付者に写真をつけて報告するほか、墓石の傾き・ヒビを点検するなど独自の工夫を凝らす自治体もあるという(読売・札幌8/5、北海道・札幌・夕8/12ほか)。
 長野県伊那市でも7月中旬から、ふるさと納税の返礼として墓地の見守りサービスを設けている。市社会福祉協議会が支援している生活困窮者や障害者が墓地清掃や献花を行う。市はサービスを設けた理由として、生活困窮者や障害者の就労支援につながること、体力に不安のある高齢者から墓の手入れができないという声が寄せられていたことを挙げている(信濃毎日・長野8/5)。
Copyright(c) Religious Information Research Center