(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国内
大分類 【6 政治と宗教】
小分類(国名等) ◆靖国問題
記事タイトル *靖国参拝差し止め訴訟、原告側敗訴
本文テキスト  2013年12月の安倍首相による靖国神社参拝に対し、市民らが首相や国を相手取り損害賠償などを求めていた訴訟で、4月28日、東京地裁は原告側の請求を退けた。
 原告らは首相の参拝が憲法の保障する信教の自由や政教分離原則を脅かしているとし、首相参拝の違法性の確認を求めると同時に、侵略戦争を賛美する同社への首相の参拝が国際的緊張を高め、市民らの平和的生存権を侵害していると訴えていた。
 判決は、首相の靖国参拝が「他者の信仰への圧迫、干渉を加えるものではない」とし、「法的利益を侵害しない以上、参拝の差し止めや損害賠償、違法性の確認を求める訴えには理由がない」として、首相の靖国参拝に関する憲法判断を避けた。また、平和的生存権に関しては、参拝後の首相談話を引用し「国のために犠牲になった英霊に哀悼の誠を捧げたなどの内容を素直に読めば恒久平和への誓いを立てたと理解され、原告側の主張には理由がない」とした(東京・東京4/29ほか)。
→『ラーク便り』74号33頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center