(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)
記事タイトル *桜田淳子の芸能界復帰に関する反応
本文テキスト  元歌手の桜田淳子さんが4月7日、東京・銀座の博品館劇場で行われた音楽公演にゲスト出演した。ファンの前でステージに立つのは約3年半ぶりのこと。桜田さんのタレント活動復帰に関しては、全国統一協会被害者家族の会と全国霊感商法対策弁護士連絡会が反対する声明を同月4日に発表していた(スポーツニッポン・東京4/8)。同弁護士連絡会代表の紀藤正樹弁護士はインタビューで、桜田さんが現在も統一教会の信者であり、献金により多くの被害が出ている現状の中で桜田さんがステージに立つことによって「教団が世間に認められたと思わせてしまうことが問題」であると述べた。また、教祖が亡くなったことによって教会内に分裂が起こり、教会の求心力が低下していることを指摘し、桜田さんの台頭がカンフル剤となってしまう可能性を示唆した(日刊ゲンダイ・東京4/8)。
Copyright(c) Religious Information Research Center