(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *熊本地震から1年
本文テキスト  関連死を含め225人の犠牲を出した熊本地震の発生から4月14日で1年を迎え、各地で追悼の法要や式典が行われた。
 同日に熊本県庁で行われた県主催の追悼式には遺族99人と県知事、首相ら計365人が参列し、犠牲者に黙祷を捧げた(日経・東京・夕4/14ほか)。15日には、本震で震度7を観測した同県の益城町と西原村でもそれぞれ追悼式が開かれた(読売・東京・夕4/15)。また、長野市の善光寺は16日、犠牲者を追悼する法要を営んだ。同寺の呼びかけを受け、同寺が事務局を務める「全国善光寺会」に加盟している44寺社も同時刻に法要や神事を行った(信濃毎日・長野4/17ほか)。
 熊本地震では寺社も多く被災したが、復旧は難航している。檀家や氏子も被災しているために寄付金集めが難しく、そのうえ政教分離の原則により公的支援を受けられないという事情が背景にある。寺院は浄土真宗本願寺派だけで県内467寺中240ヶ所が被災し、本堂全壊が21ヶ所、大規模半壊が24ヶ所だった。また県神社庁によれば、神社は県内1,360法人中約880法人が被災し、そのうち全壊34法人、半壊31法人。同庁事務局長は「氏子の生活再建が先。神社の再建は10年単位で考えなければ」と話す。同県は神社の復旧に際して、地域共同体維持に用いられ、自治体などが主体の場合には1千万円を上限とした補助を認めることとしている。また、宗教法人の施設復旧に寄付する際には税の減免を受けられる制度を設けたが、4月段階での申請はいずれも数件にとどまるという(西日本・熊本4/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center