(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国内
大分類 【2. 仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *残土無許可搬入の疑いで僧侶ら逮捕
本文テキスト  大阪府警生活環境課は5月16日、宗教法人「成田山不動院」(大阪府河内長野市)の僧侶ら6人を、建設現場から出た残土を同寺の敷地内に無許可で搬入したとして、府の砂防指定地管理条例違反などの疑いで逮捕した。6月5日に大阪地検堺支部は、僧侶ら4人を起訴猶予、1人を嫌疑不十分で不起訴処分とし、建設会社「松尚建設」の役員を同条例に違反した罪で起訴した。
 残土が同寺の敷地に運び込まれたのは2016年8月から9月ごろ。開発に許可が必要な砂防指定地であるにもかかわらず、約4,400平方メートルが無許可のまま残土で埋め立てられ地形が変えられた。同年9月には堆積していた残土が崩壊して河川に流れ込み、上水道の取水が河内長野市で一時中止になるなどの事態となった。
 捜査関係者によると2016年夏、松尚建設は大阪府や和歌山県の残土運搬業者10社以上に、残土を寺院敷地内に搬入するための「残土券」を販売。搬入が始まる直前に、同寺に松尚建設の役員が入信し、僧侶側は残土の処分代金を「お布施」や「寄付金」として受け取っていたという(産経・大阪5/17ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center