(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国内
大分類 【2. 仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *法輪寺舎利孔鉄蓋(しゃりこうてつぶた)、280年ぶり見つかる
本文テキスト  奈良県斑鳩町の法輪寺は5月23日、三重塔が創建された飛鳥時代・7世紀後半のものとみられる「舎利孔鉄蓋」が見つかったと発表した。鉄製の蓋が確認されたのは初めてとのこと。蓋は、釈迦の遺骨「仏舎利」を納める心柱の礎石(心礎)のくぼみ「舎利孔」にかぶせるものとされる。江戸時代中期の1739年に一度発見され、その時の記録とともに鉄蓋の絵図が古文書「仏舎利縁起」(国重要文化財)に残っていながらも、その後、所在が分からなくなっていた。寺蔵の棚で盆に載せられた状態の蓋を2015年に町教育委員会が発見。2017年始めに奈良文化財研究所が詳しい調査を行い、およそ280年ぶりに存在が確認された。町教委担当者は「今後の仏教考古学の調査や研究に寄与する意義ある発見」と話す(奈良・奈良5/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center