(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国内
大分類 【1. 神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *神社本庁ポスターに波紋
本文テキスト  神社本庁が作成したポスターがインターネットを中心に話題となった。同ポスターは「私 日本人でよかった」のキャッチコピーと日の丸をバックに、東洋系の女性が微笑んでいるもの。2011年に神社本庁が約6万部を作成し、希望があった各県の神社庁に無償で配布したという。2017年4月27日、「京都のあっちこっちにあったポスター。怖かった」のコメントとともにツイッターに画像が投稿され、約2週間で3,400回以上リツイートされた。「外国人観光客とかどう思うんだろ」「何が悪いかわからない」などと反応が割れるなか、同ポスターの女性が中国籍であると判明し、更なる話題を呼んだ。神社本庁側は「デザインや画像使用はすべてデザイン会社に一任しており、神社本庁はモデルの国籍について承知していません。たとえ中国人だったとしても、トータルのデザインとしてのイメージなので、特段の問題はないと考えます」としている(東京・東京5/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center