(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆ペルー
記事タイトル *日本大使公邸人質事件から20年、追悼ミサ
本文テキスト  4月22日に1996年12月に起こった日本大使公邸人質事件の解決から20年を迎え、翌23日に首都リマの大聖堂で追悼ミサが執り行われた。この事件は左翼ゲリラ「トゥパク・アマル革命運動」が公邸を襲撃し立てこもったもので、翌年に軍特殊部隊が突入した際に人質1人、部隊員2人、ゲリラ14人が死亡した。追悼ミサを主催したのは当時政府とゲリラとの仲介役を務めたカトリックのシプリアニ枢機卿で、元人質らが参列する中で事件の生存者と死者双方を記憶に留め、神の慈悲を祈るよう呼びかけた(東京・夕4/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center