(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *非聖書的世界観の広がりに関する調査
本文テキスト  キリスト教系調査機関「バーナ・グループ」が5月9日に発表した調査結果で、米国の熱心なキリスト教徒の多くが非聖書的な世界観を受け入れていることが示された。調査では信仰を重要だと考え、定期的に教会に行くキリスト教徒に対しいくつかの見解への同意を問い、それを元に「聖書的世界観」およびそれと競合するとされる世界観への支持を推定した。その結果38%がイスラム教の教えに、61%がニュースピリチュアリティーに、54%がポストモダニズムに、36%がマルクス主義に、29%が世俗主義に基づく考え方を受け入れていたが、「絶対的な道徳的真理が存在する」「聖書が教える原理は完全に正しい」などを肯定する「聖書的世界観」の支持者は17%に留まった(クリスチャン6/18ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center