(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *ルペン候補が「ライシテ」強調
本文テキスト  大統領選挙戦で極右・国民戦線のルペン候補は、これまで主張してきたイスラム過激主義との戦いに加えて「ライシテ(政教分離)」遵守を掲げ、ブルキニ水着の着用から、モスクを閉鎖された地域のイスラム教徒が路上で礼拝を行っていることまでライシテ違反として俎上に載せた。「フランス反イスラム憎悪団体」(CCIF)のマルワン・モハメド会長は、ライシテがイスラム教徒の排斥に利用されていると憤る。5月3日のテレビ討論会では、社会の多様性重視を打ち出したマクロン候補をルペン候補がイスラム過激主義に迎合していると批判し、マクロン候補はそのような考え方こそがテロを生んでいると応戦した(毎日4/17ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center