(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆カタール
記事タイトル *サウジなどイスラム諸国からの断交発表
本文テキスト  6月5日、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、バーレーン、イエメン暫定政権、モルディブのイスラム諸国6ヶ国が、カタールとの国交断絶を発表した。サウジアラビアは、カタールがイスラム主義組織「ムスリム同胞団」やスンニ派過激派組織「イスラム国(IS)」などのテロ組織を支援しているとして非難し、断交理由を「テロや過激派の危険から国家を守るため」と主張した。断交決定の直接的な契機は、カタールのタミム首長が5月23日にイランへの支持と協力を表明する発言をしたとする報道で、サウジアラビアをはじめとする各国のメディアが集中してこの発言を批判。中東におけるスンニ派盟主国サウジアラビアとシーア派大国イランの覇権争いが今回の断交の背景にあるという見方もある(朝日6/6ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center