(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *物価上昇でラマダン喜捨に影響も
本文テキスト  5月27日からイスラム教圏の国々ではラマダンに入り、イスラム教の教えに従い貧困に苦しむ家庭や孤児に食料を分け与える「ザカート(喜捨)」を行う人々が増える。しかし観光客減少によって財政が悪化し、カイロ市内のスーパーで2016年と比較して価格が約2倍になるなど物価上昇が顕著なエジプトでは、ラマダンのザカートにも悪影響が及んでいる。カイロ西部の新興住宅街では、シリア難民の家庭や路上の物売りの女性などに砂糖や米、油などの食料品の入った「ラマダン袋」が配布される。例年は1袋80ポンド(約500円)程度を200袋用意するが、2017年はその半数しか用意できなかった。ラマダン袋の準備に携わるある医師は、「必要としている家庭に届けられないのは残念だ」と嘆いた(東京5/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center