(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *ローマ教皇が訪問、宗教間対話を呼びかける
本文テキスト  4月28日、ローマ教皇フランシスコが2日間の日程で、キリスト教の一派コプト教徒に対するイスラム過激派のテロが相次ぐ首都カイロを訪問した。28日には、イスラム教スンニ派最高機関アズハルで開かれた国際平和会議に同機関のタイーブ総長と一緒に出席した。そこで教皇は「暴力はあらゆる真正な宗教的表現を否定するものです」と述べ、宗教の名をかたった憎悪や暴力は神を偶像化した偽りの表現にすぎないとして、宗派や宗教を超えた協力と対話を訴えた。またコプト教総主教タワドロス2世とともに、2016年12月にテロ攻撃を受けた教会を訪問し、犠牲者を追悼した。29日にはカイロにあるスタジアムで、コプト教徒ら約1万5千人の前でミサを捧げるとともに、宗派間の対立を助長するテロ攻撃を強く批判した。バチカンとエジプトの外交関係は2017年で70年の節目を迎え、教皇のエジプト訪問は2000年のヨハネ・パウロ2世の訪問以来17年ぶり、2回目となる(カトリック5/14ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center