(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆台湾
記事タイトル *八田与一の銅像が斬首
本文テキスト  日本統治時代に台南市の鳥山頭ダム建設を指導した日本人技師、八田与一(1886〜1942)を顕彰した銅像の頭部が切断されているのが4月16日早朝、ダムの関係者によって発見された。日台友好の象徴的存在として知られる八田は、「台湾農業の恩人」と慕われ、ダムを望む丘には夫妻の墓や銅像が作られた。2011年にはダム湖畔に記念公園が整備され、毎年5月8日の命日には日台の関係者が慰霊祭を行っている(毎日4/17ほか)。破壊された銅像は、台南市の博物館に以前作られた像の複製があり、その頭部を利用して残された胴体に取り付けて修復が完了した。5月7日には除幕式が行われ、8日には例年通り慰霊祭が行われた。没後75年のこの日の式典には八田の親族や台湾側は行政院農業委員会の委員らなど約700人が参列した(日経・夕5/8ほか)。
 台湾と中国の統一を主張する元台北市議の男が、フェイスブックで犯行を認めた上で4月17日に警察に出頭した。事情聴収で犯行動機は「八田氏の歴史的評価を認めないから」と話している。男は共犯の女性とともに器物損壊容疑で書類送検されていたが、5月28日、日本統治時代からの遺物で台北市内の小学校に設置されており児童の安全を守るとされる「鎮守のこま犬」2体を壊す様子もフェイスブックに投稿し、拘束された。6月26日に検察は反省する様子がない2人に「重罰」を求めた(毎日5/30ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center