(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *連載「寺はよみがえるか」
本文テキスト  『中外日報』紙は、6月16日付より長期連載「寺はよみがえるか」を開始した。「(釈尊の)真実の教えがどうして人々に伝えられなくなっているのか。長期連載によって現場の僧侶や寺院の実情に迫り、その理由を明らかにしていきたい。「日本仏教のよみがえり」を願って」との趣旨。第1章は「葬儀」を取り上げている。以下、第1〜5回の見出しのみ列挙する。(1)「消える祭壇 宗教儀礼よりも別れを重視 無宗教の葬儀では後になり戸惑いも」、(2)「進む低価格化 「費用かけたくない」半数 「お布施高い」と不満も」、(3)「導師ひとりで 荘厳さ守りつつ簡素化 伴僧減り伝承が困難に」、(4)「お寺は怖い 「商品化」と非難の応酬 縁なき衆生救う派遣僧も」、(5)「その寺院号 袈裟で隠す真の戒名料 商品化の欲とどう闘う」(16日付・21日付・23日付・28日付・30日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center