(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *曹洞宗御詠歌行事にハワイの98歳女性
本文テキスト  5月23〜26日に曹洞宗大本山永平寺で行われた梅花流創立65周年記念奉讃大会の報恩献詠に、ハワイから98歳の谷本和枝さんが参加した。谷本さんはヒロ大正寺の檀信徒。父親は山口県出身で『日布時事』紙の記者だった。6歳の時に同寺の日曜学校に通い、御詠歌を始めたのは1964年。17歳の時には日本語を習うために横浜の鶴見高等女学校に入学したが、帰国して2日後に第二次世界大戦が起こった。「お金を持っていても、あちらの世界には持っていけないから、思い切って来た。永平寺で献詠できて本当に良かった」と語った(2日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center