(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *全日仏、仏教文化の認知・興味の調査結果
本文テキスト  全日本仏教会(全日仏)は6月2日、ウェブサイト上で大和証券との共同事業「仏教に関する実態把握調査(2017年度)」の結果の要約を公開した。20〜79歳の男女6,994人がサンプル。盆踊り・除夜の鐘・坐禅・精進料理・お遍路・写経の6項目の名称を認知している人は95%超で、内容の認知も70〜90%。葬儀・法要の不安については、「費用が分からない」「お布施の金額が分からない」が多く、40代仏教信者で70%、一般で75%となった。近親者の葬儀に来てもらいたい僧侶では、「葬儀社が紹介した僧侶」「お布施が安い僧侶」よりも、上位3位までの順位回答合計で「菩提寺の僧侶」が一般で41%、仏教信者で59%などと最も多くなった(8日付。中外日報14日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center