(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *お化け屋敷イベントタイトルに真宗僧侶ら抗議
本文テキスト  三重県伊勢市の戦国時代のテーマパーク「伊勢安土桃山文化村」は4月20日、29日からのお化け屋敷イベント「呪われた安土城 長島一向宗徒の怨魂」のタイトルを「呪われた安土城 業火の苦しみ」に変更した。プレス発表でイベントを知った東西本願寺僧侶らから「浄土真宗は、全ての者を残さず極楽浄土に往生させようという阿弥陀如来の本願に基づく教え」「その教えに生きた方が怨霊とされるのは(一揆に対する虐殺の犠牲者や現在の門徒にとって)侮辱だ」との抗議が寄せられたため(26日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center