(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞 
記事タイトル *袴田厳死刑の判決文を書いた裁判官のその後
本文テキスト  冤罪が確定(2014年)した元死刑囚の袴田厳氏に対し、主任裁判官として第一審で死刑判決を書いた熊本典道氏に関する記事。熊本氏は袴田氏が無罪との心証をもっていたが、他の裁判官を説得できず判決文を書いた。しかし、良心の呵責に耐え切れず裁判官を辞職。<罪の意識から酒におぼれ、トラブルも絶えず、妻子とも別れ、地位も名誉も財産も全て失い、心と体を病んだ。死に場所を探して日本中を放浪し、何度も自殺を試みた>。1995年に弁護士登録を抹消され、死亡説も流れるなか、福岡県内でホームレス同然となっていた。2007年に「評議の秘密を守らなければならない」という裁判の「おきて」を破り、「袴田死刑囚の再審を求める上申書」を提出した。カトリックの洗礼を受けた袴田氏の気持ちに少しでも近づきたいと、熊本氏は2007年にカトリックの洗礼を受けた(カ16日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center