(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞 
記事タイトル *日基教団が原子力問題で国際青年会議
本文テキスト  日本基督教団は「エネルギー持続可能社会の実現を目指して」をテーマとして、3月28日に同志社大学で「国際青年会議in京都」を開催した。同大神学部教授の小原克博氏が原子力利用の警鐘を神学的にも説き明かした。原発事故に関する取材と発信で注目を集めた漫才コンビ「おしどりマコ&ケン」も登壇し、次のことを語った。<子どもの甲状腺がん増加の可能性、農家を営む人々の日常的な被ばく、汚染土壌の全国的な公園での再利用、国際原子力機関と関連学会の問題><知己を得た人々が、良心の呵責と過労で自死する場面に何度も出会った>(キ15日付。関連でカ9日付に「いのちの光3・15フクシマ」の記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center