(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年4月-6月
号数 75
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *大谷派と妙心寺派、原発再稼動に向かう司法判断に声明・談話
本文テキスト  真宗大谷派は4月2日、大阪高裁が3月28日に関西電力高浜原発3・4号機の運転差し止め仮処分決定を取り消し、広島地裁が30日に四国電力伊方原発3号機の運転停止仮処分申し立てを却下したことを受け、「強く遺憾の意を表明する」との声明を発表した。声明文は「(今回の動きは)未来のいのちへの責任を放擲する行為」と非難している(6日付。中外日報5日付に同類記事)。
 臨済宗妙心寺派は6日、同様に2件の司法判断に対し「強く遺憾の意を表す」栗原正雄宗務総長の談話を発表した(13日付。中外日報12日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center