(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *スコセッシ監督が描く『沈黙』
本文テキスト  遠藤周作原作の映画『沈黙―サイレンス』を監督したマーティン・スコセッシ氏はシチリア系イタリア移民の子孫で、ニューヨークに生まれ一度はカトリックの司祭になるためにイエズス会の神学校に入ったが、中退して映画の道へ進んだ。『沈黙』の物語では、キリスト教が禁じられていた江戸時代初期の長崎で、密かに宣教活動を続けるポルトガル人司祭ロドリゴが、ある男の密告によって捕らわれてしまう。そこで待ち受ける過酷な出来事を通して、苦難の時代に神はなぜ沈黙を続けるのかという疑問が投げかけられる。同監督は30年近く熱望してきた同作品の映画化について、「テーマは宗教というより、人間の存在。自分の居場所を探し、魂のよりどころを求め、神への信仰を含む何かを希求して生きる、科学的に説明できないわれわれの存在」だと語る。『沈黙』は1月21日、日本全国の映画館で公開された(ダ・ヴィンチ2月号ほか)。
→国内キリスト教参照
Copyright(c) Religious Information Research Center