(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ベルギー
記事タイトル *「テロの戦闘員を生まない町」の取り組み
本文テキスト  ブリュッセルの北30kmに位置するメヘレン市は、人口の2割がイスラム教徒だが、シリアなどに戦闘員として渡る若者を1人も出していない。在任16年目のゾーメルス市長は2月、若者の過激化防止策の成果により世界市長賞を受賞した。成功の秘訣として、移民を孤立させない、軽犯罪を放置しない、イスラム教徒との信頼関係づくりに努める、の3点を挙げる。2016年3月に起きたテロの後にはモスクに足を運び、「私は味方だ。あなた方はこの町の一部だ」と語りかけた。同市ではスポーツクラブや学校とモスクが連携し、若者の過激化を防ぐ。市長の自慢は、過激派が若者を勧誘しに町を訪れた際に、市長や警察ではなく、地元モスクのイマーム(指導者)が追い返したことだという(日経3/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center