(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆オランダ
記事タイトル *下院選で反イスラム政党が第2党に
本文テキスト  3月15日に投票が行われた下院選では、与党・自由民主党が33議席(改選前40)で第1党の地位を守り、イスラム教徒の排斥を訴えた極右政党・自由党は20議席(改選前12)で第2党となった。自由党への支持が拡大する危機感から、自由民主党党首のルッテ首相が1月23日付の新聞各紙に、同性愛や女性に抑圧的態度を取る一部のイスラム教徒に「普通に振る舞え。さもなければ国から出ていけ」と呼びかける意見広告を掲載したが、これにより自由党に流れていた右派票を回復したとの分析がある。一方、35歳未満の有権者の支持は他者への寛容を訴えた環境政党・グリーンレフトに集まり、同党は14議席(改選前4)と大幅に議席を伸ばした(読売3/17ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center